2017.01.26 まさか



今日は陸の病院の日。
1ヶ月に1回の血液検査。


今回は風ちゃんも一緒に行きました。
11月の健康診断で初期の弁膜症だと診断されて
今日はその後、変わっていないかの検査。







風ちゃんはエコー検査。
結果は悪くなっている様子もなく、
このまま薬を飲むことなく過ごせることに。

今後は半年に1回の検査でいいそうです。
良かったー!




さて、陸ですが



いつもの血液検査。
今回の血液内のアルブミンの値


2.5


1ヶ月前が 2.6



療法食を変えてから先生が言っていたような
劇的な成果はないものの、基準値内で落ち着いていてくれている。


本当に毎回ドキドキだーーー



すると先生から

『陸さん、数値が落ち着いています。
 ここで提案なのですがステロイドを減らしてみませんか』


と、サプライズな発言!





『低アルブミン血症』
血液内のアルブミンが減ってしまう病気。

それを発症してしまう要因の
『蛋白漏出性腸疾患』



ググるとわかるけどどこでも『怖い病気です』って
説明されていて、陸が発症したときも先生から


『予後不良因子です』って説明されました。





これを聞いて頭真っ白になって何回も何回も泣いたなー






いきなり入院となり輸血も2回やったし
本当にどうなるのか、不安で不安で・・・





でも、陸は今、元気です

20170126_112930.jpg 






発症して丸3年経ち、
たしかに療法食しか食べられないし
オヤツだって他のワンコのように
食べることはできない。


それでも・・・


これからも治らない病気だから
なんとか病気とうまく付き合えたらいいなと
思いながらやってきた。




ただ、だんだん悪くなってしまうだろうから
この病気に一番効くと言われているステロイドは
増えることはあっても減ることはないと
なんとなく思ってた。







それが先生から


『減らしてみましょう』




まさか!


まさか!!



本当に??





今まで2日に1回飲んでいた量のステロイドを
3日に1回にしてみましょう。とのこと。



ただ、この量で1ヶ月後の検査では
心配なので次の検査は2週間後で。と言われました。





ステロイドが効くとわかっていても
やっぱり肝臓のへのダメージはあるだろうし
3ヶ月に1回、肝臓を含め全身の詳しい検査をしているものの
やっぱり長く飲んでいると心配になる。


これからのことを考えても
減らせるものをなら減らしたい。




2週間後、もしかしたら検査結果があまりよくなくて
『やっぱり2日に1回にしましょう』って言われるかもしれない。


それでも『減らしてみましょう』って
提案されたことが本当に嬉しい♪



3年経ってもこんなことあってあるんだよ。
同じ病気のワンコのご家族の方、


一緒に頑張りましょう!!








次の検査はもっともっとドキドキだ~~














オマケ




我が家から車で5分ほどのところにある、
東名高速のSAに観覧車を建築中



20170126_112713.jpg 






富士山の日(2月23日)から動くらしい。




ライトアップもするらしくて
今は試運転中で毎晩いろんな色に輝いている
観覧車が見えてとてもキレイ




スケルトンのゴンドラも1つあったり、
ワンコを一緒に乗れるものも1つあるらしいよ。

















スポンサーサイト
Secret