やさしい毎日 

大切で可愛い陸、風、陽と暮らす毎日

これからのこと

今日は陸を病院に連れて行く日。

朝からとても寒くてお散歩を考えてしまったけど
陸、また外に出られなくなっちゃうからお散歩に行きました。

陽ちゃんはスリングの中で寒そうにしていたけど
風ちゃんと陸は元気に歩いてくれましたよ。

ただ、陸のお散歩のスピードが少し落ちたかな。

ちょっと前まで『早く行こう!!!』って感じだったんだけどね。


午前11時ごろ、病院に行きました。
すぐに血液検査とレントゲン。


出てきた結果は
胸水もない。腹水もなし。アルブミンの値も正常値内。


でも・・潜血検査で血液内のATⅢって値が低いことがわかりました。
入院した日も低かったけど、金曜日に退院したときには
正常値になっていたのですが・・

これが低いと血栓症が起こりやすくなりDICという状態になります。
そうなると突然死になることも考えられるかなり怖いものです。

先生から

『今の陸ちゃんの状態は細い橋の上をかなり危うい感じで歩いている状態です。
 ポンっと背中を押したら落ちてしまうような・・』

じゃあ、なにが背中を押す要因になるのかというと

麻酔とか手術とか・・



そこで先生から新たな提案。

『低くなったATⅢを増やす薬はないのでまた輸血して
増やすしかない。ただ、アルブミンの値は正常値なので
以前やったときよりも少ない量で大丈夫です。』 

とのこと。

輸血したあと・・・


『たぶん、輸血したあとは正常値になるでしょう。
 そのタイミングを見て腸の検査をするための手術をする』というのが1つ。

なんで手術までして検査をしたいかというと、やっぱり先生としてはリンパ腫などの
悪性のものが一番心配なところ。そうなのか、そうでないかをはっきりさせるには
やっぱり必要な検査。

もう1つは

『輸血したあと、手術での検査はやめて今の薬はいい感じに効いていて陸ちゃんも元気だし
 フードもよく食べていられるので今まで通りの薬を飲みながら
 療法食を食べながら病気とつきあっていく』

もちろん、リンパ腫などの心配はあるので血液検査、エコー検査を
定期的にやる。




紙に書き出されたそれらのことを読みながら私は言いました。




陸が5年も10年も生きられるとは思っていません。
それはなんとか自分の中で納得できるようになりました。

でも、原因を調べるための手術、麻酔で死んでしまうことは
絶対に納得できません。

万が一、リンパ腫でも抗がん剤とステロイドを使いながら1年は
予後があると聞きました。

私たちは1年でも2年でも陸と一緒に暮らせることを選びます。と・・




DSC03445.jpg




私は今まで先生の前で泣いたことはありませんでした。

というか戸惑っていることの方が多くて頭の中で整理することに
精一杯だったんだと思います。

あとでやっと整理できて事の重大さがわかる。


でも、今回は先生の前で大泣きしながら伝えました。



先生は

『私たちは獣医師です。獣医師の立場としては原因を突き止め
 それに対する治療をする。それがやるべきことです。
 しかし、それは決していつでも正しいことではありません。

 ワンちゃんのリスク。飼い主様のお考えを考慮して治療してことも
 私たちがするべきことです。』


と答えてくださり、これからのことを話しました。

今夜は入院して輸血をします。

明日の朝、血液検査をしてすべての値が正常値なら退院。

そのあとは今まで通り、薬と療法食で様子をみながら
1週間に1度、血液検査。2週間に1度エコー検査。


ステロイド剤を飲んでいるのですができれば
様子をみながら少しずつ減らせるようにしたい。

この病気はいきなりガクッと体力が落ちたりするので
もしもそうなったときには、それに対処していく。

先生が一番怖いのは、腸から出血して黒色のタール状の便が出ること。

そのときにはすぐに病院へ。



病院から帰ってきて風ちゃんたちを見てまた泣いた・・・



パパに伝えなくては!と思って電話したけど仕事中でつながらず。
やっと涙が出なくなった頃、パパから電話。

話しながらまた泣いてしまう・・


泣いて泣いて頭が痛い・・・


夕方、目をパンパンに腫らしながらホームセンターでお買いもの。

とにかく陸が帰ってきたらできるだけ一緒にいないと
なにかあったら怖いし何よりも自分が不安でたまらない。

今日は入院で陸がいないので買い物するものは買って
次の買い物はパパがいる休日にするようにしたい。

あと2回残っていたバルーンアートのお教室も断った。
まあ、これは『もういいかな・・』と思っていたところ。


私たちも陸の病気とうまく付き合っていくには
時間がかかりそうです。


 
まだまだ元気な陸。
できるだけ病気と上手に付き合っていっぱいお出かけできるように
なれたらいいなと考えています。


スポンサーサイト
[ 2014/01/14 22:24 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

陸ママ

Author:陸ママ
静岡県で暮らしています。

陸パパ・陸ママ
ワンコの陸と風と陽




陸(りく)
  2006年10月
  熱海で誕生。
  トイ・プードル ♂
  人が大好き♪




風(ふう)
  2008年5月生まれ。
  2008年7月
  岐阜で保護される。
  2008年10月
  我が家の家族となる
  マルプー ♀
  かわいいけど気が強い






陽(ひな)
  たぶん2007年生まれ
  千葉で飼育放棄
保護され大阪へ
  2010年8月
  我が家の家族となる
  マルプー メス
  スリング大好き!
  2016年8月7日 
   天国へ
 




パパ:大阪人。
   昔はバス釣りに燃えていた。
   今はワンコと散歩が
   唯一の運動。




ママ:もっと田舎へ
   移住が夢





その他の登場人物

ミキ: 
大切な我が家の一人娘


しーさん: ミキの子供
       孫1号


かーこさん:ミキの子供
       孫2号




 

最新トラックバック
いつでも里親 募集中
いつでも里親募集中
最後のラブレター
最後のラブレター
虹の橋
虹の橋
笑顔を見せて
笑顔を見せて