2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06










低アルブミン血症

私は明日から仕事初め。

これからのことをイロイロ考え、今週でお仕事を辞めることにしました。







続きのお話しです。


一度お家に帰った私はパパに話をしました。
『え??肺炎かなんか??』というパパ。

きっと違うよ・・もっと大変な病気なんだよ・・って思ったけど
それを認めるのがイヤだから黙っていた。

すっごく時間が長く感じた。

テレビはこういうときにはお正月のお笑い番組なんてやってる。

笑えるはずないじゃん・・・


車で30分くらいのところにある病院。
2時半頃、風も陽も連れて車でパパと自宅を出発。

車の中は沈黙・・・


頭の中は陸のことばかり。

DSC04046.jpg



病院に着いて先生から呼び出されるのを待つ間も沈黙・・

私は風と陽をスリングで抱っこしながら
『神様 お願いです。陸を私に返してください』と何度もお願いしていました。


先生はいろんな資料も用意して説明をしてくださいました。

1時間以上お話ししてくださり、素人の私たちも理解することができて
すっごくありがたかった。


陸は

『低アルブミン血症』という病気でした。

血液の中にあるタンパク質に含まれる『アルブミン』っていう物質が
陸はものすごく少ないんだそうです。

血管から水分などが逃げないようにガードする、
とても大事なものなんだけどそれが少ないがために
血管内の水分が出てしまっているそうです。

人間でも低アルブミン血症って病気はあるそうで
ミキに連絡したらさすが元看護師。

『肝臓が悪いの?』って

先生も言っていたけど肝臓が悪い。つまり肝不全の状態になっていることが
多いそうです。


イロイロ検査した結果。陸の場合は肝臓でも膵臓でもなく

『腸』から水分が出ていることがわかりました。


低アルブミン血症の場合、お腹に水が溜まることが一般的なんだそうです。
それが陸は胸に溜まったから苦しくて咳が出たんだね。



腸から水が出ていることがわかった。原因としては



炎症性腸疾患

リンパ管拡張症

リンパ腫(腺癌)




のどれかが疑わる。


じゃあ、この3つのうち、どれなのか。その診断は

内視鏡で腸の内側の壁の一部を採取して検査するか
開腹手術して腸の一部を切り取ってきて検査するか。

どちらにしても全身麻酔が必要なのです。


でも、陸の場合、胸水があってすぐに抜いてもらったけど
それでも肺の状態が万全ではないってことが一番のリスク。

今の陸には全身麻酔は無理だろうという判断で
この検査は行わずもっと詳しく血液検査やエコー検査をすることになりました。


DSC03961.jpg


ただ、一番最初にやらないといけないことは
アルブミンの値を上げてあげないといけない!

ミキにきいたところによると人間の病気には
『血液製剤』が点滴されるそうなのですが

ワンコにはそれがないので他のワンコから輸血してもらいます。
全血輸血だと説明されました。

病院には大型犬が何匹もいてそのワンコたちから
血をいただけるそうです。

ありがたい・・本当に感謝です。


ただ、ワンコの血液型はたくさんあって合うか、合わないかが
わからないので一度、血液を採取して陸の血液と合わせてみて
固まらないもので輸血を始めるそうです。

ただ、それでも拒絶反応を起こして固まってしまうこともあるので
とにかくゆっくり時間をかけて・・


輸血の間もずっと監視していて
もしも拒絶反応が出たらすぐに中止!をすると説明されました。

『中止したらどうなるんですか?』と聞く私。

『その時には特別な施設で犬用の血液製剤を作ってもらいます』


よかった・・・とにかく治療法はある。




『このまま入院になります』と言われ

パパと『え??これから??』と驚きながら期間を聞くと
1週間と言われました。

1週間・・・長い・・・・

それも1週間後、アルブミンの値が上がっていれば。の話で
そうでなかったらまた1週間。


陸・・・


『陸ちゃんと会えますよ』と面会の場所に案内された所には
悲しそうに

クンクンないている陸がいました。

きっと一番戸惑っているのは陸なんだけど
私たちもどうしていいのかわからなくて陸に

『頑張ろうね・・きっと治るからね・・』って声かけながら
涙が溢れてきてボロボロ泣いてしまった私。

結婚してから一度だって泣き顔をみせたことのないパパも

『アカン・・・』って言いながら泣いてた・・・


帰りの車の中でも沈黙。

家に着いて風ちゃんと陽ちゃんの夕方のご飯をあげながら
陸のフードの入れ物を見ては泣き、

ネットで病名を検索しては泣く。
(もう検索するのはやめました)



先生からは

『低アルブミン血症は  予後不良因子  です』


と言われました。詳しく書きたくないので察してください。



陸・・1匹でお泊りしたことなかったよね。大丈夫かな・・

そんなことを考えて泣いて日曜日は終わっていきました。


DSC04167.jpg

 

ミキが
『イロイロ悪いことは考えられるからそれを先生は言うだけだからね』

って言ってくれたことは本当に助かった。

そうだよね。そうだよ・・・


スポンサーサイト
[ 2014/01/07 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/07 23:47 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

応援していただいて本当に嬉しいし
心強いです。

まさか、こんなことが起こるなんて
考えたこともなくて不安でいっぱいなんです。

でも強くならないとダメですね。
まだまだ泣いてばかりです・・・
[ 2014/01/08 21:56 ] [ 編集 ]

教えて下さい

私どもも同じ病気の仔がいます。輸血は断られました。よろしければ、どちらの病院か教えていただきませんか
[ 2016/04/13 22:09 ] [ 編集 ]

濱田義明 様

メールでお返事したつもりなのですが
届かなかったのか、返信されてきてしまいました。

なのでこちらに・・・


富士宮市にある、『ヤマト動物病院』です。
そこの佐野先生に診ていただいています。


HPもありますので場所などはそちらで
確認してみてください。

先生が何人もいてお休みのない病院なので
指名もできます。
できれば佐野先生を指名することをオススメします。


この病気になってわからないことが多くて
私も少しでも情報を得ようと検索しまくりました。


陸は発症して2年以上経ちますが
薬を飲みながらですが元気です。
きっとやれることはあります。

私のブログが少しでもお役に立てますように・・
[ 2016/04/14 10:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する