陽の足

普段、あまり注目されない陽。

たまには、陽のことを記事にしてあげないとかわいそうなので

陽の足ですが、お水を飲んでいるときに写真撮ってみました。
動くのであまり上手に撮れていないけど・・・

DSC02340.jpg


右の前足、アップにすると・・


DSC02341.jpg


保護主のレモピさんによると、骨折したのにそのまま放置していて
こうなったらしいとのこと。なんで前の飼い主さんは治療しなかったんだろう。

治療費がもったいなかったのかな?

右前足はこんな感じで引きずって歩いています。

といっても部屋の中では滑らないようにカーペットを敷いていたりするので
かなり早く走ります。特に朝晩のご飯食べる前はすごい

陽の中でオシッコをしてからご飯を食べるって構図ができていて
『さて、ご飯にしようか』って言うとすぐにトイレに行きます。

そして食いしん坊なので終わると

『ご飯食べるよ~』って走ってキッチンの方に走ってきます。
その速さはすごいです

ミキも最初に見たときすごく驚いてた


部屋の中ではそのままでもいいけど、外に出るときは
靴下でこの足をカバーしてあげないと引きずってあるくので
コンクリートですぐに傷ついてしまいます。

そうなるとそこから化膿してしまって切り落とすことになりかねない。

だから外に行くときは、靴下が必要なんだけど
いろいろ試したけど2枚の重ね履きがいいみたい

1枚だと引きずってすぐに脱げてしまうし、穴があいて
足が傷ついてしまう。

それが2枚だと1枚目は穴があいてももう1枚あるので
足が傷つくこともないし、脱げにくい。


陽にとって靴下は消耗品なので安いものがあると
すぐに買います。今回もネットで安いものがあって
4枚入って315円。メール便で送ってもらったので本当に安かった。

でも・・・


DSC02342.jpg


一番下に写っているのが、今、履いている靴下。

比べるとあきらかに買った靴下、大きい

同じSサイズでも違うのよね~~

返品もできないし、これ以上小さいのはなかったし
重ね履きさせたら使えるのでは・・なんとか使ってみよっと。



昼間、こんな感じで仲良く寝ている陸と陽を発見。
風ちゃんは、相変わらずソファの下で寝ていました。

DSC02337.jpg




静岡県の浜松市でワンコの保護活動をされているところがあります。



サークルマム


私は何度か、お手伝いというか、物品や寄付金(少ないけど)
送ったことがあるのですが、今、すごい状態で保護されるワンコが多くて
大変な状態みたいです。

本当に目をそむけたくなるような状態で保護されて
それも病気をいっぱい抱えているようなワンコがたくさんいます。

今、助けを求めていらっしゃいます。



マムさんの記事



できれば預かりのボラを名乗り出たいと思っているけど
その勇気がなくてウジウジしている情けない私。


ブログに書くことくらいしかできないけど
少しでもお手伝いできたら・・


風ちゃんや陽のように里親さんを待っているワンコはまだまだいます。
みんな幸せになって欲しいと願うばかりです


スポンサーサイト

2012/09/03(月) | 陸と風と陽 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

かほちゃん

『』

陽ちゃん、骨折したのに放置されてたなんて、痛かっただろうに(´;ω;`)
今は走れるし痛みもないんでしょうね。
せめてもの救いです。

陸ちゃんのポンポコお腹、かわいい~(〃^ー^〃)

サークルマムさん、私も物品の寄付させてもらったことあります。
預かりのボランティアまでは勇気もなく、できることを少しでもしたいと思ってます。

2012/09/04(火) 09:06:26 | URL | [ 編集]

かほちゃんさんへ

『No title』

陽の足は、もう神経も死んでしまっているみたい。
もう何も感じないみたいです。

それが、陽としては当たり前になっているみたいで
あまり不自由を感じてはいないみたいなんですよ。

最近、やっと悪い足で『ちょうだい』って催促するように
なりました。我が家に来て2年。やっと・・です。

サークルマムさん、知っていたんですね。
私もできることだけはやろう!と思っているのですが
なかなか行動できずにいます。

サークルマムさんはイベントもあったりするので
バザーとか、一度行ってみたいなと思っています。

2012/09/07(金) 15:59:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://riku105.blog60.fc2.com/tb.php/456-73fb0d1d
 |  HOME  |