2011.04.25 陽の足
陽を我が家に迎えてもう半年以上経ちます。

陽が我が家に来てからブログをお知り合いになった方も
いっぱいいらっしゃるのでここで陽の足のことを
ちょっと書こうと思います。



大阪でワンコの保護活動をされているレモピさんところから
新幹線で我が家にやってきました


詳しいことはこちらで

陽がペコちゃんだったころ



その頃からわかっていたことは足が悪いってこと。

保護主のレモピさん曰く
動物病院の先生の診断では骨折した時
そのまま放っておいて固まってしまった状態。

ってことで結局もう治らないってこと


どんな状態かっていうと・・・


DSC00288.jpg


関節が内側に曲がったままになっています。


こうしてみるとちょっと分かりずらいけど
立ってみるとわかります。


DSC00289.jpg


本当なら左足のように肉球がちゃんと床につかないとおかしいけど
陽の右足は関節から曲がっています。

元の飼い主さんは毛もボロボロ、足もこんな状態だというのに
保健所に

『なんの問題もありません!』って言い放っておいていったそうです。

保健所では飼育放棄のペットはすぐに処分されてしまうのですが
陽は運がよかった

いろんな方の助けがあって今、我が家にいます。



こんな状態の足なのですべってフローリングの床では
すべって歩けないので今では我が家の床はコルクのカーペットが
あっちこっちに敷かれています。

これはキッチンへ向かう道


DSC00292.jpg


この前、実家に行ったとき、畳の部屋で陽が楽に歩いていて
『そっか~ 畳が一番いいんだ』と思った私です


家の中では傷がつくことはないけど外では足を引きずって
歩くので関節部分が擦れて傷になってしまうかもしれない。

傷になっても痛さを感じないのでいつの間にか化膿して
その結果、足を切断することにもなるかもしれないので
保護してあげてください。

っていつも行っている動物病院の先生に言われ

今では外に行くときには靴下は欠かせません。


陽の靴下コレクション


DSC00293.jpg


靴下で曲がっている部分を全部包んでしまいます。


靴下もね、買ってみてわかったけど同じSサイズでも大きさはイロイロ。

確認して買っても生地が弱くてすぐに破けてしまったりするものもあったり
すごく難しいの

そんなに高いものは買えないし小さなものなんだけど
奥深いものです・・・



足が悪いって他にも陸たちと違うことがあって

陸たちは全身をブルブルってやる。
やるでしょ!?ワンコって起きたときとか全身をブルブルって。

で、気持ちよさそうに伸びするでしょ!?


陽は踏ん張れないからか頭から前足のところくらいまでしか
ブルブルてできません。


伸びもなんとなく伸びって感じ。


それに固いオヤツは食べられません


陸と陽が好きなササミが巻いてあるガムとか
固くてガリガリってできなくてあきらめてしまいます


もちろん、前足で支えて食べるなんてできないし・・・


踏ん張れないと固いものも食べられないんだって
初めて知りました。


風も保護されたワンコだけど風の元の飼い主さんは
シャンプーしてリボンつけて保護活動されている方のところに
『もう飼えません』って連れてきたそうです。

まだ子犬、3ヶ月でした。


まだ少し優しさを感じるけど陽の元の飼い主には
いまだに怒りを私は感じます

今更言っても仕方ないけどでも、この骨折さえ治療してくれていたら
陽は・・・

でも、そんな優しさのある人だったら保健所に持ち込んだり
しないよね。







陸、風、陽。

みんな我が家の大事な家族です



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riku105.blog60.fc2.com/tb.php/318-31fd7e71