FC2ブログ

2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11










新しい家族が来る前に



陸の体にリンパ腫が見つかったころ、
彼女から

『母親と暮らすことになった』って連絡が
ありました。

癌は薬がよく効いて小さくなって
お母さんは元気に暮らしているとのこと。

でも抗がん剤の副作用で手足がしびれて
仕事を続けることができなくなってしまった。

ケアマネージャーさんとも話し合ったけど
今の状態では終末期病棟には入れない。
病院に入院さえも難しい。

でも仕事はできない。
結局、彼女が一緒に暮らすことで解決したらしい。

Mもいろいろ悩んだと思うけど・・

そこでワンコのことを今月中にお願いしたいとのこと。

お母さんは寮母さんをやっていて
住まいも寮だったから仕事ができないってことは
住まいも無くすってことで今月中に
引っ越さないといけないんだって。

これからの陸のことも考えてちょっと悩んだけど
ここで断ったらそのワンコは保健所に
連れて行かれるかもしれない。
それはどうしても嫌だった。

だからなんとかなる!!って腹くくって
迎えることにした。
彼女の都合、私たちの都合も合わせて
10月26日にうちに連れてきてもらうことに決まった。


陸が15日に亡くなって本当にびっくりなタイミングで
私たちは絶対に陸が寂しくないようにって
新しい家族を残してくれたんだって思いました。

私、実は陸が天国へ行って1週間、
ほとんど寝ていなくて食事もできなくて
その前の介護生活のときから
陸の具合が悪くなっていたのでほぼ寝られず
ほぼ食べずずっとそんな感じでいて

ゴミの日に捨てるのを忘れたり
ボーっとしていることも多かったんだけど
『新しいワンコが来たら行けないよね』って
美容院に行くことを決心!

どうせだからパーマかけて気分転換だ~
なんて思って予約して出かけました。

そこは今回2度目の美容院で1回目は
カットのみ。カットだけだとシャンプーのないところで
私、数年前から美容院のシャンプーが苦手で
ちょっとめまいがしちゃって・・

そろそろそんなのも大丈夫かなっていうのと
なんだかどうしてもパーマかけたかった。

ちょっとカットして『ではシャンプーしますね』って
シャンプー台に行って『倒します』って言われて
倒れたらこれがすごく倒れるタイプのシャンプー台で
『やばいかな』って思っていたけど
シャンプーされている時から気持ち悪くなって・・

終わった途端に

『ごめんなさい!トイレ行かせてください』って
トイレに駆け込んだ。
もう目の前真っ白。立っているのもやっと。

そのまま30分くらいトイレに
引きこもって吐くわ・・下痢するわ・・
もうトイレットペーパー使いまくり!!

今までも何度も貧血でそういうことがあったけど
だいたい上から下から出してしまうと治る(汚くてごめん)
だから今回もそうかなって思ってしばらくして
治ってきたからトイレ流そうと思ったら
流れない・・・・

あまりにいっぱいトイレットペーパーを
使いすぎたせいか流れない・・

とりあえず汚いものは流れたけど
溶けきれないトイレットペーパーがいっぱいで
『やばい・・このままでは溢れてしまう』と
思ってお店に戻って

『すみません・・トイレが~~』て
謝った。個人のお店だったので店長さんと奥さまの
2人きりのお店。

『いいですよ~ 大丈夫ですよ~』って言ってくれて
『大丈夫ですか?お茶いれましたから』とか
声かけてくれて助かる。

『大丈夫です。』と再びやってもらうことに。
髪にロットをまいていたら再びの気持ち悪さ・・

『すみません・・ムリみたいです。トイレに・・』
ってロット巻いたままトイレに駆け込む私。

トイレに床に座り込んだまま
『やばい・・帰れないかも』といろんなことが
頭の中をグールグル

でもとにかく気持ち悪くて吐きたくて吐けなくて
動悸はしてくくるしとにかく帰りたい

ちょっと良くなったタイミングでお店に戻って
『ごめんなさい。今日は帰ります』って告げて
ロットだけはずしてもらった。

髪の毛がビショビショだったけどそんなことは
どうでもよかった。美容師さんは『乾かしますよ』って
言ってくれたけどそこでまた座るなんて無理だった。

幸いお店がうちから車で2分という近さで
歩いていこうか車で行こうか悩んで
美容院の後に買い物に行こうと車で行った私。

本当に近くてよかった。
1本道をなんとか車を運転して帰ってくることができた。

家に帰って部屋に入った途端に倒れた。
風チャンは『おかえり~~』って走ってきたけど
私のただならぬ様子にビックリして
ソファの後ろに隠れてしまった。

そのまま数時間寝たままだった。

起きた時は髪の毛が爆発したようになっていて
服は吐いて水で口を洗ってその水でビショビショになっていて
顔は真っ白だしもうビックリな状態だった。

ミキに連絡したら
『自律神経だね』って言われた。

自律神経が乱れるとそうなるらしい。

夫からはいろいろあって疲れたんやろ
って言われたけど・・


翌日、美容院へは菓子折り持って
謝りに行ってきた。



正直、美容院トラウマだし
もうあの美容院へは行けない。


そんなことがあって新しいワンコを迎えることは
私の精神的な安定にもなる気がしてた。

陸のことは未だに信じられないし
全然現実なものではない気がしているけど
心はかなり病んでいたのかな。


26日の朝。きゃらさんは友達の車で
やってきました。


陸のことは内緒にしていたので

『陸ちゃんは?』って聞かれて

ごめんね・・内緒にしていたけど
天国へ行っちゃったんだ

ってお花で囲まれた陸の写真のところに
案内しました。


彼女は『ウソでしょ!?なんで??』って
大泣きしてくれました。


スポンサーサイト



[ 2019/10/31 ] ママのひとりごと | TB(-) | CM(0)

あたらしい家族が来るまで


高校時代からの友達、MからLINEが
入ったのは今年の2月のこと。

一人暮らしのお母さんが乳がんの末期で
今年の桜が見られるかどうかって
診断された。これからのことを考えないといけないって
相談だった。

Mの家族はいろいろ複雑で
両親が中学生時代だったのかな、離婚して
彼女は叔母さんの家に住むことになった。

お母さんが原因の離婚だったらしくて
子供たちを引き取ろうとはしなかったらしい。

高校時代は私たちが親のすねをかじりまくって
恋愛だ~~遊びだ~~と楽しみまくっていたころ
朝早く起きてお洗濯やお掃除などをしてから
学校に来ていたらしい(後で聞いた)

もちろんお弁当も自分で作っていたし
高校の授業料も成人になってから払ってた。

いつだったかな~
もう30代になっていたかな。

やっと高校の授業料が終わるって聞いて
親ってありがたいって心底思った。

そんな感じだったからお母さんとは
あまりいい関係ではなくて
困ったときだけ連絡があるって昔から怒ってた。

今回末期の癌です。
寝たきりになるかもしれません。
介護が必要かもしれません。

って親戚の方から連絡があったらしいけど
そんなこと言われても
今までだって何度もお金のことで
せびられたりして大変な思いをしてきた彼女は
今更なにをしろと??って感じだったらしい。

で、結局彼女が出した答えはお母さんには
終末期病棟のある病院に入院してもらうことだった。

私には私の生活がある!って言ってた。
彼女もシングルマザーでまだ一番下の子は
大学生でお金もかかる。
親らしいことを何もしてこなかった
お母さんに対してイロイロあったと思う。

お母さんが飼っているワンコのことで
連絡があったのはそれからしばらくして・・

ミニチュアダックスの女の子。
病院に入ることになったら飼えないからと
いつも行っているトリミングサロンや
動物病院や親戚など飼ってもらえないかと
相談したらしいけどみんな難しいって。

Mは『こういう犬を引き取ってくれるような
保護施設とか知らないかな』って聞いてきた。

もしもどこも引き取るのが難しいなら
最悪、役所にお願いするしかないよね・・って。


待って!!それは保健所ってこと??


確かに彼女のところもマンション住まいで飼えない。
だけど!!だけど!!!

私はすぐに『うちで引き取る!!』って答えました。

当時、陸も元気だったし
風さんが心配だけど陸がいるなら大丈夫でしょって
私も夫も思っていました。


その頃の陸と風

KIMG1706.jpg



それから連絡がなく春の桜も終わり
夏の暑さも過ぎ去り季節は秋に・・







[ 2019/10/31 ] きゃら姉さん | TB(-) | CM(0)

ありがとう


10月17日

陸の写真を現像するためにカメラ屋さんに。

陽ちゃんのときは写真を見るだけでも
悲しくてカメラ屋さんで選びながら
泣きそうになって困ってしまったけど
陸は全然そんなことはなかった。

2週間くらい前まで元気で
写真だって元気な笑顔の写真で
その陸がいないってことが全然実感なくて・・・


その帰りに午前中診療が終わる時間のころに
動物病院に行ってきた。

病院の駐車場に車を止めて降りた途端に
心臓がバクバク・・・
数日までここでこうして止めて陸を抱っこして
病院に入ったじゃん。なんでいないんだろうって
急に寂しくなる。

受付でいつもの顔見知りの看護師さんに
『すみません。S先生お時間ができたらお願いします』
って担当の先生の名前を言った途端に
わーーぁって涙が出てきた

看護師さんはすぐに察してくれて
S先生を呼んでくださって個室に通してもらえた。

『先生・・15日の夜に陸が・・』って
報告した途端に大泣きしてしまった私。


先生は13日から陸が診察受けていないことを
心配してくださっていたらしくて
『今日のお昼休みくらいにお電話しようと思っていたんですよ』
と声をかけていただいた。

『僕も陸さんは本当に思い入れのあるワンコでした』
と涙ぐんでくださってどれだけ嬉しかったか。

人気のある先生でそこの院長先生よりも
たぶん担当のワンコ、ネコちゃんが多くて
本当に忙しい先生なのに陸のことをそんなに
気にかけていただいていて幸せなことです。

私は
『家族みんな先生には感謝しています。
 ありがとうございました』と
伝えるだけで精いっぱいだった。



夕方には病院から立派な花束が届いて
陸の写真の周りにお花がいっぱいになった。


KIMG2949.jpg





でも陸は花より団子の食いしん坊なワンコだったので
ご近所の友達には
『いただけるならお花よりもオヤツお願い』って
頼んで今まで食べられなかったような
美味しいオヤツもいっぱいになってる。

なんとなく写真の中の陸も嬉しそう



お向かいのお家のラッキーと
おそろいのお洋服を作って
一緒に撮った10年以上前の写真

ラッキー&りく



先日ラッキーは家の玄関まで遊びにきて
風チャンしかいないことに不満そうで
私の顔を見て
『陸ちゃんは?』って表情をしてた。

ごめんね・・陸はもういないんだ・・

って話しかけたら納得できないみたいで
リビングにつながるドアの前から動かなかった。

お向かいの奥さんが 
『ラッキー 陸ちゃんはもういないんだよ』って
声かけてくれてしぶしぶ帰っていった。

そんなラッキーを見てお向かいの奥さんと
二人で泣いてしまった・・・

ラッキーは陸のことが大好きだったもんね。



陸が天国へ行ってからずっと雨続きで
風チャンとお散歩に行けない日が続いていて
正直ホッとしている。

ご近所のワンコ知り合いに会ったら
絶対に『陸ちゃんは?』って聞かれる
そんなときになんて言えばいいんだろう。

泣かずに話ができるのだろうか

そんな私の気持ちを陸はわかってくれて
お天気を悪くしてくれていたのかな。


陸、天国へ行ってからも
優しいワンコなのね。

ありがとうね。











[ 2019/10/23 ] | TB(-) | CM(2)

お葬式



10月16日(水)

朝からたえちゃに教えてもらったお寺さんに電話して
火葬をする手続きを進める

今日は夫が会社で午前中は健康診断があって
午後なら休めるというタイミング

これも陸のパワーかな。

夫が11時には帰ってこれるというので
午後1時に予約する。

ミキも旦那くんと午前中に会いにきてくれた。


お花や火葬のときに入れてあげる写真も選んで
みんなで陸のことを話ししながら過ごす

あと数時間で体がなくなってしまうなんてウソみたい。


最後の私の抱っこ

KIMG2947.jpg







陸のリンパ腫が見つかったころに
何か出来ることはないかとこんな本を買った

KIMG2934.jpg



この本の中には



ペットがあなたの家にやってきたのはともに暮らす中で
たましいを成長させるためでした。
その学びが終わったのが『死』ということです。

あの世に帰ることは、たましいにとっては
懐かしい里帰りなのです。
この世の価値観としては死は悲しいことかもしれませんが
霊的価値観で立って考えた時、懐かしい場所に戻ることのできる
幸せなことなのです。


と書かれていて本当なのかどうなのかはわからなけど
私にはすごく心の支えになっている。


たましいは鉱物から植物 植物から動物
そして人間に進化向上していくのです。


と書かれていて陸は人間ぽかったから
次は人間になるのかな。
私たちはそのお手伝いができたのかな





午後1時前

夫と風チャンと一緒にお寺さんへ

受付のお部屋にある祭壇に案内されて
陸をそっと置くとお坊さんがいらして
顔を見て

『本当に寝ているようですね』って声かけてくださって
なんだか急に安心して涙が出てくる

ちゃんと陸の名前を呼びながら
御経をあげてくださって
陸はこうしてお経に導かれて
天国に行けるのかなって少し安心する


火葬は1時間くらい。

でてきた骨は青みがかっていて
係の方から『お薬飲んでいました?』って聞かれる。

そういえばステロイドなどの薬を飲んでいると
それに含まれるマグネシウムが反応して
骨が青くなるって聞いたことがあった。

ステロイドを飲み続けて6年弱


その骨を見たら
『陸、本当にがんばったね』

って悲しさよりもホッとした。

病院行って血液取られることも
ステロイド飲んで療法食しか食べられなくて・・
そんなこと全部なくなるんだよ。



風チャンはすごくビビりで
いつもと違う人とか見ると吠えまくるのに
お坊さんを見てもお経のときの拍子木の音にも
全然吠えなかった。

『大人しいワンちゃんですね。』って
陸がいつも言われることを風チャンに言われて
夫とビックリ!

陸が乗り移っているのかな?

そういえば、食にそんなに興味のない風チャンが
火葬するときに陸に供えたお菓子に首を伸ばして
匂いを嗅ぎまくっていた。

本当に陸かも??

なんて話をしながら代金を支払い
陸は小さくなってお家に戻ってきました。



夜、ミキんちに行って一緒にお夕飯を食べながら
陸のことを話しをして過ごす。

私もそうだけどミキもしーさんもかーこさんも
泣きすぎて頭が痛いって言ってた。

みんなで目がパンパンに腫れてる


でもいい思い出ばっかりだから
笑って陸のことを話しして
車に乗るときに陸が使っていたボックスを
ミキんち愛犬のロンに譲った。

ロンも陸が大好きだったから匂いを
嗅ぎまくっているらしい。


明日は病院に行って
先生に挨拶とご報告しないと・・







[ 2019/10/18 ] | TB(-) | CM(6)

陸・・またね・・



15日の夜 8時15分

陸は虹の橋に旅立って行きました。



15日午後から急に動けなくなってしまって
それまでお水も自分で飲みに行っていたし
トイレにも行っていて、本当に何も手のかからない
最期まで賢い陸だった


ほとんど寝たきりになったころに
ミキが子供たちを連れてやってきて
陸に声掛けをいっぱいしてた。


その頃はまだ目に力もあったし
『りく~~』って呼ぶとこちらを向いていたけど・・


18時半ごろ『そろそろ帰るね』って
ミキたちが帰って行き、夫はまだ帰ってこなくて
私1人。

そばにいながらすっと声をかけていた

KIMG2945.jpg



私は『陸、ありがとうね。。。』って何度も何度も言って
抱きしめてしばらくして

私の腕の中で亡くなりました。



『幸せな最期を迎えるために』

1 痛みがなく充分な呼吸ができること
2 飢えがないこと 栄養補給できていること
3 水分補給で来て脱水していないこと
4 清潔にしてブラシをかけてあげること
5 楽しみや心の安らぎを与えてあげること
6 自分で・・または補助してあげれば動けること


という、記事を見つけて
ここ2日間はこれを何度も読み返して
陸と暮らしていた。


亡くなった陸を見ながら幸せな最期だった?って
聞いたけど陸はもう何も言ってくれないし
首をかしげて聞いてもくれないんだね・・



『リンパ腫ができていると思われます』


と宣告されてからたった12日。


なんだか本当に悪い夢を見ているよう・・・・


泣きながら抱きしめながらすぐにミキに電話

ミキも号泣してた・・・


仕事中かなと思ったけど夫にも電話

陸が具合が悪いと思ったのでもう帰ろうと
していたところだったらしい。

『間に合わなかったよ・・』て告げると

「そうか・・・・・・」って。


それからご近所の陸と仲良くしていてくれた
友達にも連絡。


お向かいのラッキーのお家からも
数軒先のたえちゃんも夜9時くらいなのに
駆けつけてくれて泣きながら陸を触ってくれた。


陸・・よかったね・・


夫はそれからしばらくして帰って来て
陸を抱きしめて大泣きしてた。


私は結婚して初めて夫が号泣している姿をみた。



陸は私たち家族にとって初めてのワンコで
飼い方も全然わからなくて試行錯誤だった。

でも本当に手のかからない大人しい子で
何もわからない私たちに陸は犬と暮らすことの
楽しさをいっぱい教えてくれたね

ワンコ連れのお出かけもお泊りも陸と一緒だったから
楽しかったし、風チャンも陽ちゃんも迎えることができた。

すべて陸のおかげ。


陸が、たんぱく漏出性腸炎・低アルブミン血しょうを
発症してから私は仕事辞めてずっと陸たちと一緒に
いることを選択できたことは本当に幸せだったと思う。

それからも目にマイボーム線種ができたり
前足の前十字靱帯を切ったり
膵炎が疑われることもあったり
いろんなことがあったけど
飲んでいる薬の影響で治療方法が限られてしまって
どうしたら??って時だって
いつでも担当の先生と
手術しないで治療できる方法を探ってきた。



陸、いっぱい頑張ったね


本当にありがとう

またうちにおいでね。
生まれ変わって
またおいで。

それまで・・陸・・またね。


1570271090933.jpg







[ 2019/10/18 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(2)

朝から病院へ



12日の夜から再び腹痛で痛そうな陸

背中を触りながら
『痛いね・・明日病院行こうね・・』って
声かけながらひと晩過ごす



男の人って自分の親の介護のときも
見てみないふりをすることが多いって聞いた。
現実を見るのがイヤなんだろうね。

3年前、陽ちゃんが具合が悪くなったときも
どんどん腎臓病が悪化して家での点滴はもちろん、
通院も多くなってそれらは全部私がやっていて・・

もちろん夫は仕事があるし仕方なかったと思うけど
帰ってきたら『今日はどんなんやった?』とか
聞いてくれてもいいんじゃないかとずーっと思ってた。


陽の看病にはほとんど手を出すことなく
亡くなる日も私は陽ちゃんのすぐそばにいたけど
夫は2階で昼寝していた。

きっとほとんど寝たきりになってしまっている、
陽の姿を見たくなかったんだと思う。




あれから3年。

夫が陸のお世話を少しずつやっていて
朝起きると『どうや・・具合は・・』って
声かけるようになった。

陸は特別なのか、夫が成長したのかは、わからないけど
介護状態にある私にしてみると少し気持ちは楽




13日の朝から病院に行って先生に説明して
同じように痛み止めと抗生物質を注射してもらう。

次は?と聞く私に先生は


『痛がっていたら来てください。
 注射するとかなり楽だと思うので。
 そうでなければお家で様子みていていいですよ』って言われた。


正直、病院に行くことも陸には負担かなって
思うようになっていたしそう言われてよかったような・・
でも結局病院ではそれくらいしかできないってことかな?

それでも痛み止めを打ってもらえることは
陸にも飼い主の私にもすごく安心することでありがたい。


帰ってくると注射の効果がでてきて
かなり楽そうになっている陸。
夜のご飯も食べる!ってキッチンに来た。

35g食べる(普段は41g)
風チャンのご飯のトッピングがささみのペーストで
陸のフードにもちょっとつけてあげたら
すっかりお気に入りでモリモリ食べてくれる。



10月14日(体育の日)

祝日だけど夫は仕事。

かーこさんの幼稚園の運動会が予定されていたけど
雨で延期決定!

平日は夜8時まで受け付けてくれる病院も
祭日は夕方4時半で終わってしまうので
陸の調子を見ながら時計を見ながら過ごす。

陸は朝ご飯を食べて(30g)
ウンチもしてお水もよく飲んで寝てた。

ウンチがちょっと下痢っぽいのが気になるけど
痛がるわけでもないし、寝ているのでそのまま様子を見る。

一日中ウトウト・・している感じで
あまり動かないので夕方のご飯はいらないのかなと
風チャンの分だけ用意したら

『僕も食べるけど?』みたいな顔してキッチンにきた。
尻尾は下がったままだけど食べるなら用意しようね。
って30g用意した。

少しまで早食い防止の器でないと
あっという間に食べちゃった陸が
少しずつしか食べられないみたい・・・

それでもトッピング効果か全部食べて
風チャンのご飯も残らないかと覗きこみ
風に怒られてた。

それくらい食欲があるなら安心


ずっと寝ているのでブラッシングができなくて
この日は久しぶりに寝ている状態だったけど
少しだけブラッシングした。

目やにも取って顔も拭いてあげた。


でもやっぱり夜になると少し具合が悪くなるみたい。

夜中はほとんど寝なかった。

私がそばで寝ていて、は!っと気がつくと
陸がこっちのベッド。
気がつくとこっちのベッドと移動してた。

吐き気なのか、グッスリ寝られないみたい。

トイレもいっぱい行く。
でもそんなに出るわけではなくて
少しオシッコをしてフラフラして
体力なくなってそこで動けなくなっている。

ベッドに戻すけどやっぱり1時間程度で
トイレに行き、お水も飲んでそこで止まってしまう。



15日(火)

朝から同じことの繰り返しで
何度もトイレに行き、ちょっとだけオシッコをして
近くにある水入れからお水を飲んで
その後は動けなくなってた。

トイレに行くときもヨロヨロするくらいで
ここ数日で何歳も年をとってしまった気がする。


それでもオシッコもウンチもトイレにする

陸は子犬のときからトイレはすぐに覚えて
全然困らないワンコでそんなことは当たり前なんだって
犬を初めて飼う我が家は思っていたけど
全然そうじゃないって数年後わかった。


陸は本当に偉いよ・・・
飼い主なんかよりも数倍偉いよ・・

ホントに全然困らないワンコで
ご近所ワンたちからの好かれ方がすごい
初めて会うワンコでさえ陸のことがすぐに好きになり

『なにかフェロモン出しているんじゃないの?』
ってよく笑ったっけ




ミキが看護学校で使っていた聴診器があって
陽のときにその存在を忘れていて
あのとき心臓の音を聞いていたら最後の日の点滴は
やらなかったかもしれないのに・・って
私は今でも後悔している。


だから今回は毎日聴診器で陸の心臓の音を
聞いて確認している。

実は昨日よりも今日の方が鼓動が早くなっている。


不思議なことにリンパ腫が発見されてから
咳がほとんど出なくなって
あの台風のときでさえ咳がでなくて
平穏に過ごせた。

1週間前には大好きなおもちゃを振りまわして
遊ぶこともできた。
興奮すると咳がひどくなるからほとんど遊べなかったのに
本当に数年ぶりに遊べてとっても楽しそうだった。


神様って本当にいるんだって心から思った。

陸がこれ以上つらくないように
咳を止めてくれているんだろうな~って神様に感謝。


昨日から痛みはないみたい。

『もう治らないならせめて痛いのは除いてあげて欲しい』と
先生に訴えたのを神様は見ていたのかな。

いっぱい神様に感謝しないと罰が当たるわ




今日は朝ご飯食べられず・・・
















[ 2019/10/15 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

翌日も同じだった



10月11日(金)

注射のおかげか、夜もよく眠れたみたいな陸。


朝になりご飯も食べて、いいウンチもしたけど
『お散歩行く?』って声かけても
行かない・・・って寝て動かない。

じゃあ、風チャンだけ行ってこようかって
風だけ連れて30分くらい歩いて帰ってくる。

『ただいま~』って陸に声かけると寝ていたみたいで
あれ?帰ってきたの?って顔で見てた。

しばらくして

急に痛そうに震えている陸。
ちょっと気持ち悪そうで吐きそうな感じ


『痛い??病院行こうか』と声かけて
すぐに準備をして病院へ。

この日は風チャンはお家でお留守番。


風チャンもちょっと心配みたいで
そばにいることも増えてた。

KIMG2928.jpg



車の中でも痛そうにしている陸。


さすがに今日は泣かないって決めて
先生とお話をする。


昨日と同じように痛み止めと
抗生物質の注射をしてもらうことに。


先生から
『この治療で陸さんが楽になるようなら続けましょう
 続けても問題ない治療ですので大丈夫ですよ』

って言われてちょっとホッとする。

お支払いは保険を使って毎回2800円くらい。

でも翌日12日は先生のお休みの日。

『私はいませんがカルテはちゃんと引き継いで
 おきますので大丈夫です。
 痛がったら来てください』って。


そういえばこんなこと、陽ちゃんのときにもあったな~
って思い出したりした。



翌12日は大型台風が来るって予報されていて
家の辺りは直撃かも・・て予報円で
病院に行くのはどうなんだろう?って悩むけど
痛がったら台風だろうが病院行くぞ!って決心する。


ただ、病院からは『台風なのでごめんなさい。半日で終わります』
って説明受けてやっぱり不安・・・

世間でもスーパーやホームセンターや
コンビニさえも半日、もしくは1日お休みしますって
告知があってどうなるんだろうって不安しかない。


でも、さすが陸


12日土曜日はすっごく元気で

朝からご飯をモリモリ食べてお水を飲み
キッチンに私が立っていると

『なにかないの?』って覗きにくる。


KIMG2940.jpg



オモチャでも遊び始める陸に夫とビックリ!


外は大荒れでまさに台風~~~~ぅ


何かあってもいいようにと準備はしていたけど
今の陸の状態に怖くて仕方なかった。


そんな飼い主の心配とは裏腹に
陸は1日中元気で夜のご飯もモリモリ食べて
ウンチもいっぱいして

夕飯を食べいる私たちに
『なにかおすそ分けください』ってオスワリして
訴えるくらいでお芋とかちょこっとあげたりする。


明日は病院行かないとね。
先生こんなに元気な陸を見たらビックリだね
なんて本気で話するくらいの元気だった。



でも夜9時過ぎ。


いきなりオスワリしてジッとしている陸。


腹痛が襲ってきたようでジッと耐えてた。
震えの強弱はあったけどずっと震えている

夜中じゅう背中をさすって
『痛いのがなくなりますように』って言い続けていた私。

陸の目から涙がポロポロ落ちてきて
可哀想で可哀想で一緒になって泣く・・・








[ 2019/10/14 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

なんで?



10月9日水曜日


いつも通りにご飯を食べて
いつも通りにお散歩に行って40分くらい歩いて

お散歩帰りに仲良しのワンコたちと
飼い主さんと会って

『え~?全然変わらないじゃん!元気じゃん!!』って
言われて

そうなんだよね~
でもリンパ腫って言われてまだ信じられない。
なんて話をしながら陸をなでてもらう。


本当に全然変わらない。今までと何も変わらないのに
リンパ腫です。って言われれ戸惑っているのが正直なところ。
でも触るとわかるくらい腸のあたりに小さなものが
できていて『これかな・・』って素人ながら思っていました。




10月10日の朝のこと。


ご飯いらないって食べに来ない

食いしん坊の陸がご飯いらないって・・
そんなとき気がつくと陸が震えてる

『お腹痛い??』って聞きながら背中を
さすってあげるとぶるぶる震えているのがわかる。
『痛いよね。痛いよね』って声かけるけど
震えが治まらなくてだんだんひどくなる感じ。

夫、出勤前でバタバタしている中、
下痢をしてしばらくして吐いた・・


病院!!!もう頭の中、パニック状態。

だって昨日まであんなに元気でなにも
変わらなかったのになんで??どうして??


とにかく病院に行かねば・・と思ったけど
風ちゃんがバタバタの騒ぎでウンチをしていないことに
気がつく。『風チャン・・お散歩行かないとウンチしないよね』

って思ったけどここで陸を置いて散歩はできない。


そこでいつも仲良くしている、お向かいのお家に
『風チャンお願い!』って頼みに行く。

陸とは昨日会っていてそのときに話をしていたので
すぐに快諾してくれて風チャンを預かってくれて
散歩にも行ってくれると言ってくれた。



しんどそうな陸

KIMG2925.jpg




まだ寝られればいい方で寝られなくて
オスワリしていて下を向いて震えながら
痛みに耐えていて早く病院に行かねば!
と、必死に準備する。


車の中で『陸、大丈夫だからね』と
片手で陸を触るとなんだか熱い
大丈夫・・大丈夫・・って言いながら
自分に言っていた気がする。


病院で診察券を出すと看護師さんが
『陸ちゃん、どうしました?』って声かけてくる。
いつもの検査ではないものね。そうだよね・・

『吐き気があって・・下痢も・・』って
言いながら私、泣けてきてもう涙・・涙・・

看護師さんもそれでわかってくれたのか
すぐに診察室に呼ばれて先生に診てもらう。


『先生!!昨日まで元気だったんです
 お散歩も行ったしご飯も全部食べたし
 何も変わらなかったのになんで・・・』って
言いながら泣けてきてどうしようもなかった。


先生はすぐにエコー検査をしてくれました。



すぐに説明があってリンパ腫だと思われている部分が
先生の想像以上に速いスピードで大きくなっていて
それが原因だろうとのこと。

実は私も気が付いていた。


最初触ったらポツンって大きさのものだったのに
だんだん確実に固く大きくなっていて
次の診察のときに聞こうと思っていた。



そしてエコー検査の結果、
『腹膜炎』を起こしていて
その炎症で体温が39.2℃まで上昇しているとのこと。



先生から今後のことを相談されて
ステロイドを増やす方法もありますって
言われたけどその効果はわからないし
それで治るならお願いしますって言うけど
もう治らないのはわかっている。

『とにかく痛みだけは取ってあげてください』

とお願いして、痛み止めの注射と腹膜炎に対する
抗生物質の注射をしてもらった。


30分くらいで痛み止めが効いてきて楽になるはずです。
24時間は効きます。
明日も痛いようでしたら来てくださいね



先生にお礼をいい

『この後は陸が苦しまないように痛みだけはないように
 してあげたいです。』と改めて伝えました。



リンパ腫だと思われますって診断されてから
たった1週間でこんなに進んで
予後1ヶ月~3カ月だと言われていますって
言われたことがすご~く長い期間のように思えてくる。




帰ってくると痛み止めが効いてきたのか
とても楽そう。


KIMG2931.jpg




こんな顔して寝る陸にホッとする。



でもね・・

やっぱり痛み止めは24時間でした。




















[ 2019/10/14 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

カレンダー



陸さん、カレンダーになりまして


応募したことさえも全然覚えていないけど
フェリシモの『まいにちわんこ』ってカレンダー


KIMG2822.jpg




メモくらいの大きさのものなんだけどね。


確か日は選べなかったはず。

どんな写真を選んだかも覚えていなかったよ。


届いてから探したよねー




いました!!!


KIMG2824.jpg




3月18日


これ、南伊豆の河津桜祭りに行ったときのもの。
桜だから3月になったんだろうね。


私の誕生日が1日前の17日。おしい!!!



でも家族で来年は菜の花のところで写真撮ろうか。
秋の紅葉でもいいんじゃないかとか
また応募する気満々で話していました。


イヤ・・今でも応募する気満々



リンパ腫ですって言われてからたった1週間しか
経っていないのに今日の陸さんはちょっとしんどうそうです


まだ食欲はあって毎日のフードは
ちゃんと食べるしお散歩も行くけど
やっぱりしんどくなってきたのかな・・






1570271090933.jpg



10月5日に
お誕生日だねーってみんなでお祝いしている時の陸。


ミキが撮ってくれた写真がすごくキレイで嬉しい








[ 2019/10/09 ] | TB(-) | CM(0)

このままで・・



10月5日は予約してあったトリミングの日。


『今回はちょっと短めにしてください』
とお願いしてカットしてもらいました。


KIMG2905.jpg




来月は体力的にもどうなっているのか。
トリミングなんてとても無理なのかもしれない。


トリマーさんとは付き合いが長いので
陸の病状を説明したら

『来月寝たきりでも顔だけカットとかシャンプーだけとか
 出来ますから』

って言ってもらえてありがたい。



風チャンもキレイになりました

KIMG2911.jpg


耳の毛がボッサボサになっていますわ



ミキがロンも連れてきたのでみんなで写真!

奇跡の3ショット


KIMG2922.jpg






風がロンを嫌っていて来るとすぐに隠れてしまうので
本当に初めての3ショット。






ミキも旦那くんも看護師なので

『細胞診やってもいいかもしれない』って意見でした。

それですごく悪いものなのか、そんなに悪くないものなのか
それによって心の準備もできるし
家を空ける時間とか考えようがあるって。


でもね・・私たち夫婦の意見は例え悪いものであっても
抗がん剤はしないって決めていました。


抗がん剤打って副作用で苦しんでそれで300日頑張って・・
そんなことを食いしん坊な陸が望んでいるとは思えない。

どこまで今までどおりの暮らしができるのかわからないけど
ステロイドの量を増やして少しでも進行を遅らせて
普段通りの暮らしができるのならそうしよう。


治療法が同じなら細胞診もしなくていいんじゃないかって。

先生からもミキたちからも難しい検査でもないし
痛くもないから陸の負担にはならないよって言われたけど
検査はしないことにしました。




陸がもっと若かったら・・
これが初めての大きな病気だったら・・


そしたら手術して抗がん剤を!って治療法を
選んでいたかもしれません。


でも7歳のときにたんぱく漏出性腸炎、低アルブミン血しょうになり
それから約6年。ホントに頑張ってくれていました。

毎日の薬だって嫌がらず毎月の検査だって
嫌がらず陸は頑張ってきました。


全然根拠はないけどこのまま15歳くらいまで
頑張れるんじゃないかと心のどこかで思っていたけど・・


泣いた・・ひたすら泣いた・・けど


まだ元気なうちにご近所のワンコ仲間とは
会わせてあげたいので今日からお散歩のときに
寄り道しながらご挨拶しています。



6年前、病気になったときに先生からいただいた
ノートのメモには
『予後不良因子』って書かれていました。


でもいっぱいお出かけできたし
去年はお泊りの旅行も行けたし
お友達もいっぱいできたし
病気の前と変わらない生活ができていたことに
感謝です。



















[ 2019/10/09 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

家族で話合う



10月3日。病院から帰ってきた陸

KIMG2881.jpg





手術ができないなら何ができるか。



抗がん剤投与はできます。

1週間に1度注射に通ってもらいます。
午前中に打ってそのままお預かりして夕方にお迎えに
きてもらうという流れです。


ただ、抗がん剤は人間と同じように副作用があります。

注射をして2~3日後に吐いたり下痢したりします。
それが治まって元気になるころにまた注射です。
この繰り返しで飼い主さんの中ではその姿がつらいと
おっしゃる方もいます。


『そうですか・・そうして頑張ってどれくらい・・』


平均でいうと予後は


300日程度だと言われています




300日?たった300日???

リンパ腫は血液に乗って体中のリンパに飛んでいくので
悪いものが体中に広がるのに時間はかからないそうです。





『では抗がん剤を使わないとすると・・』と聞いた私に
先生からは

『ステロイドの量を増やしてなんとか抑えるようにします』


その治療法だと予後は



1ヶ月~3カ月だと言われています




と告げられました。




ご家族で話あってそれから決めてもいいですよ。
とりあえず今日からステロイドの量を増やしましょう


と言われてすぐに家族に報告。



5日にはミキたち家族がうちにやってきて
みんなで話合いました。


10月5日は陸の13回目のお誕生日


陸 13歳になりました


1570274828961.jpg






[ 2019/10/09 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

陸の病気



ブログをご無沙汰している間に季節は秋


久しぶりのブログですがちょっとつらいお話。


インスタで公表すると陸と同じ病気で頑張っているワンコの
飼い主さんのフォロワーさんもいるので
その方々に不安な思いはさせたくないと思って
黙っているつもりです。


これは私の記録と、昔からブログを読んでくださっている方に
報告って形で綴ろうと思います。




10月に入って陸は気持ち悪そうにしている日が
2日間ほどあって吐くわけでもないし
お腹が痛いなら震えるだろうと触ってみたけど
そんなこともない。

でも部屋の隅でオスワリしてジッとしていたり
夜も寝られていない様子。

たまに生あくびみたいなのもしているし・・

たんぱく漏出性腸炎という腸の病気を持っているので
10月3日。とりあえず病院に行ってみました。



『何でもないですよ。胸やけかな』とか
『ちょっと腸の動きが悪いだけかな』とか


本当に本当にその程度の診断が出るだけだと思ってた。


でも診察室に呼ばれた私の前に先生は
ノートを出して説明し始めました。


たんぱく漏出性腸炎、低アルブミン血しょう
前十字靱帯損傷のときもそうだった。

陽ちゃんの腎臓病が悪化したときもそうだった。

なにか大きなケガや病気のときは
ノートに書いて説明して下さる先生。


先生のノートを見ただけで胸の奥が
痛くなるような・・そんな気持ちを抑え込んで
先生の話を聞きました。


先生はお話しながら
わかるように絵を書きながら・・



前回診察の時に触ったお腹には
何もなかったのに今回腫れがわかりました
そこでエコー検査をさせていただきました。

結論としては陸さんの腸に



『リンパ腫があると思われます』


と説明をされました・・・


2週間前にいつもの検査で病院で血液検査を
受けてきて少しアルブミンの値が下がってしまったけど
正常値以内なのでまた来月って話をしてきたばかり。

その時は何もなかったのに?


3カ月に1回のエコー検査やレントゲンの検査でも
何もなかった。それが8月のことで11月にはまた
全身の検査だな~って思ってカレンダーにそう書いたじゃん。


頭の中で何度もそんなことを考えていたので
ちゃんと聞いていたのか今でもわからないけど。



先生の説明によると健康な腸の壁は5層になっているのに
陸の腸の一部は厚くなり膨らんでいるそうです。

エコーでも腸の厚みがわかるほど・・

本当に一部だけで『限局的』って言うそうです。

KIMG2877.jpg



先生から勧められたのは
『細胞診』という検査でこの膨らみのところに
細い注射を刺して細胞を取ってきてその形をみて
判断するそうです。


その結果によっては

リンパ腫でもすごく悪いものなのか
悪い中でもまだいい方なのか、わかるそうです。

KIMG2878.jpg



陸の場合はリンパ腫であろうとのこと。


一般的な治療法としては

患部を切って取ってその後抗がん剤投与ということらしい。



でも陸は・・


今まで飲んでいるお薬の影響で
血が止まりにくくなるということと
手術後に使うであろう感染症を防ぐ薬が使えない。
その上、気管虚脱もあって麻酔も難しいかも。


そんなこともあってかなり前からなにかあっても
手術はできませんって話は聞かされていた。

だから靱帯を切った時だって
手術しないで8週間絶対安静にして約1年かけて治した。


今、リンパ腫ができたからって手術できないよね・・












[ 2019/10/09 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)