やさしい毎日 

大切で可愛い陸、風、陽と暮らす毎日

お休みしています。

里帰り出産をしたミキ。

当然のことながら退院後は我が家にやってきました。

なによりも驚いたのはたぶん、陸。

最初、赤ちゃんがやってきて『なんだ!なんだ!!』って
そりゃ大騒ぎで走り回っていました

泣くとミキのところに走っていっては『泣いてる!!』と
訴えるし、ずっと見守っている感じ。

たぶん、小さいのがやってきたのでリーダーとして
守らねば!と思ったんでしょうね。

とにかく確認したいから『匂いを嗅がせろ』と
ミキにくっついて離れない。

そこでミキが頭の匂いを嗅がせたら満足したらしく
今では『また泣いてる・・』って感じで遠くから見守っています。

風と陽は全然平気。う~~ん・・風も陽も女の子なのになんでだろう?




ミキは産後、腰が痛いとか膀胱が痛いとかいろいろ言っていたけど
今週の月曜日の朝、

『お腹が痛い』と泣いて倒れてしまいました。

私は朝から仕事に行かなくてならなかったし
代わりはいないし。。。

本当に救急病院に行こうかと相談したくらいの症状でした

パパに急きょ、留守番を頼んで私は11時までの仕事を
9時で終わらせてもらって急いで帰ってきました。


すぐに赤ちゃんも抱えて病院にミキを連れて行くと
結果は・・・

『子宮内膜症』でした。

菌が入って子宮が腫れていたそうです

しばらく抗生物質を飲んで治すことになりました。

赤ちゃんも黄疸が良くならず1日おきの病院通い。

ミキもそんな状態だし、私しかいないじゃん。
ってことで店長に相談し、今週はお休みをいただきました。

ただでさえ、アルバイトの人数が足りないお店なので
店長はすごく嫌そうな顔をしましたが、そんなこと関係ないです。

家族が大事!


ミキは私が休みってことで精神的に楽になったみたいで
夜中に泣いても

『ママ、頼んでいい?』と自分が起きられないときには
頼ってくれるようになりました。

それまでは私が朝早い仕事とわかっているので
自分で頑張っていたけど、体力的に限界だったんでしょうね。


でもかなり良くなってきました

赤ちゃんの黄疸ももう病院に行かなくてもよくなったし
ミキも抱っこさえできなかったけど、今はお買いものも
行けるようになりました。

来週から仕事をどうするかはまだ決まっていません。

正直、ミキが自宅に帰るまでは休んでいてあげたい気分。


でも、あの店長の態度では無理だろうな~~



毎日一緒にいて子育てしていると現代ってすごいなって
つくづく思いますよ。

なにかわからないことがあるとすぐにスマートホンで
検索しているミキ。

昔と今では考え方も育て方も変わるので
私は毎回

『へ~ そうなんだ・・』って感心することばかりです。


そして、赤ちゃんが泣いておっぱいを欲しそうにしていると
『ねえ、少し、おっぱいあげたら?』と言ってしまう私。

ミキにいつも

『ダメ!飲み過ぎで吐いちゃうよ』って怒られます。




ウンチをしたときの拭き方も怒らるし

はぁぁぁ・・・

いろいろ大変ですわ


スポンサーサイト
[ 2012/03/23 15:24 ] ママのひとりごと | TB(0) | CM(0)

毎日変わる顔

赤ちゃん、生まれて数時間後



DSC01838.jpg



2日目。


DSC01865.jpg


9日の夜中からミキもパパもそうだけど私もずっと起きていた。

パパはお昼休みに少しは寝られたのかな

私は9日はずっと元気でした。全然寝ていないのに眠くないし
夜も夕飯を作ってウキウキしていました。

が・・・10日の夜、さすがに疲れが出た


ちょっと休もうと夜7時くらいに横になったらもう起きられなかった。

夕飯もパパに買ってきてもらってしまった。
なんだか本当に大変な2日間でした。



3日目


DSC01871.jpg


日曜日だったのでお見舞いに友達もいっぱい来てくれたようです。

そして職場でお世話になっていた看護士の先輩方も・・・

3年前、ミキを支えてくださっていた方々です。

もちろん、あの主任さんも深夜勤務のあとなのに来てくださったそうです。



ミキの入院している病院はお食事がとてもいいです。

3日目の夕飯

DSC01870.jpg



でも、夕方5時半に出てくる。ちょっと早い・・・





明日はもう退院です。しばらく我が家で過ごします。

さてさて、赤ちゃんと犬3匹。どんな生活になるのやら・・


なんて呼ばせようかな?


おばあちゃん?ばぁば?? 勘弁して~~






[ 2012/03/12 20:46 ] ママのひとりごと | TB(0) | CM(4)

おめでとう(^O^)

3月8日。夜12時過ぎ。パパ帰宅。

かなり遅い夕飯を食べ、私もパパも12時半過ぎ寝る。
ミキ、11時過ぎには就寝。


9日、夜中3時半『ママ、破水したみたい』とミキ。

すぐに起きて入院の支度をしてパパを起こして
事情を伝え、陸たちを任せて私はミキと病院へ。


午前4時半。まだ子宮口が7cmくらいしか開いていないので
まだ先になりそう。陣痛は5分間隔。

朝の8時半に先生が診てくださるのでそれまでは
お腹にモニターつけて様子見ながら待機。

私は朝6時にはお店に行かないとお店が開かないので
どうしても出勤しないといけない。

助産婦さんにそのことを伝えると
『先生が診て自然分娩にするか、促進剤を使うか決めると思うので
 その時にはご家族のだれかいてあげてくださいね』と言われました。 

そこでミキに『ママ、仕事に行くけどすぐに帰ってくるからね』
と伝え、一度帰宅。

ミキの旦那様は深夜勤務の為、まだ来られず。



私は家に帰ってすぐに出勤の支度と陸たちに朝のご飯をあげて
パパに朝、8時には病院に行ってあげてと頼み出かけました。

パパは今、仕事が大ハード状態なんですけど
さすがにこの日は仕事に行くことを遅らせてくれて
私が再び病院に行くまでミキのそばでオロオロしながら
待っていてくれました。



私は朝6時から仕事しながら8時には終わって帰ってきました。

出勤前、朝の5時半にお向かいのラッキーのママさんに
陸たちのことをメールで頼んでいたので陸、風、陽を連れてお向かいのお家へ。


本当に日頃の近所付き合いは大切です!
ラッキーママさん、ありがとう


これで安心して何時間でもミキのところにいてあげられます。


急いで病院に行ってパパと交代。

その時、すでに陣痛はかなり間隔は短くなっていて
ミキもつらそうにしていました。


腰をさすっている間も『痛いよ~痛いよ~~』って・・

助産婦さんが『もうちょっと頑張りましょうね』って
笑顔で言うし、その間にお姑さんに連絡。

『すぐに行きます!』とお返事があり、ミキの旦那様も
深夜勤務が終わってすぐに来ると連絡が入る。


10時くらいになってお姑さんとミキの旦那様到着。

さすがに看護師の旦那様。腰をさすっている私に
『僕、代わります!』とすぐにミキのそばに行き、励ましていました。

ちなみにお姑さんも看護師。今はお仕事やっていないけど
ちょっと前まで現役で働いていらっしゃいました。

午前11時。やっと分娩室へ



もちろん、旦那様『立ち合います!』


私とお姑さんはママさんトークしながら
病室で待つことにしました。



それから2時間半。ミキ、本当に頑張りました。

大きな男の子を出産。



産まれたばかりで”ガッツ顔”

DSC01837.jpg



その時には『もう仕事なんて手に付かないよ』と有給をとって
帰ってきてしまった旦那様のお父さんも病院にいました。




ミキ、おめでとう よかったね。




3年前のあの時から今までのことが思い出されて
本当に感動してしまった私。


ミキ、本当によかったねウルウル








[ 2012/03/12 20:31 ] ママのひとりごと | TB(0) | CM(0)

いろんな想い・・

ミキ、赤ちゃんを無事、産むことができました

そのことは次に書こうと思います。


その時に思ったことを今回は書こうと思います。



これはほんの少しの人しか知らなかったことなのですが、
ミキは3年前、ある病気にかかりました。


それは『解離性障害』というもの。

ある日、突然、記憶がなくなってしまうものでした



憧れていた看護師になって1年目。人間関係はもちろん、
勤めている部署がI C Uという、かなり人の生き死にに関わることが多いところ。

その時は、自分がいくら頑張っても亡くなる方が多くて
『ママ、つらい・・』って何度も話していました。

私は看護師という特別な仕事は自分にはわかるはずもなく
聞いてあげることしかできませんでした


3年前の1月31日の夜、11時過ぎ、ミキから電話がありました。
それも家の電話に。携帯でなく・・・

『どうしたんだろう?』と思っていたら

「ママ・・・ミキはどこにいるの?ここはどこ?」って大泣きしています。

『え?どうしたの?そこはミキのアパートでしょ』

「全然知らないところだもん。携帯だってこれ誰のかわからないけど
 使ってやっと家に電話できたんだよ・・・」


パパは同じ会社の人で交通事故にあって同じような症状になった方を
知っていたためにすぐに理解できたようですが私はちょっとパニック状態。

とにかく迎えに行くから動かないように。と伝えてすぐにパパと向かいました。



アパートに着くとクローゼットを全部開けて泣きじゃくっているミキが
そこにはいました・・・


『ミキ、帰ろう。陸も風もいるよ。支度しようか』って声かけたら

「だって、ミキのお洋服なにもないじゃん・・」って。


あとでわかったことですが、ミキは過去1年分の記憶が全部なくなっていました。

だからその間に機種変更した携帯もわからなかったし、その間に買った洋服も
全部覚えていなかったのでした。


夜中に家に帰ってきてずっと寝ていたミキ。


翌日から勤め先の病棟の看護師長さんと話をして
同じ病院のメンタルに通うことにしました。


勤め先と同じ病院の為、通院しているときは友達の看護師や先輩。
先生たちとも会うのですがみなさん、休んでいることは知っていたので

『ミキちゃ~ん』って声をかけてくださるのですがミキは
曖昧な笑顔であいさつするだけ。


そしてそんなミキを見てみなさん、泣いてしまう。
ミキは

『みんなミキを見て泣くんだね・・』ってミキも泣く。

そんな日々を3年前の今頃過ごしていました。



仕事を休み、少し良くなってきたのが3か月後くらい。
少しずつ思い出してきたようでした。

メンタルの先生からは『つらかったときのことを忘れたかったんですよね』って
優しく言われて親子で泣いてしまったこともありました。

ミキはまだよかった方で生まれてからのことを全部忘れてしまう人もいるそうです。


5月ごろ少し良くなったので日勤の仕事だけやると復帰したのですが
そのときもやはりストレスから

『突発性難聴』になったり(このときはすぐに気が付き薬で治りました)

ほぼ1年かけて体と心を慣らしながら仕事に復帰し
深夜勤務までできるようになったミキ。

その間、本当に職場の人に支えられてきました。

当時の主任さんは職場の人に

『ミキが帰ってくるまで居場所は絶対に確保するよ!』って
宣言していたそうです。

その主任さんは本当にミキのことを可愛がってくださっていて
(私と同じ年らしい)

ミキがなにか失敗をして怒られるときも頭突きをして

『痛い?あんたも痛いけど私も痛い。私も痛い思いをしたくないから
 同じ失敗はするな!』

って怒り方をする方でした。(今では看護師長さん)


もちろん、友達も次々と自宅に来てくれてミキに話かけてくれて
元気づけてくれて、どれだけ助かったことか。


そんなことがあった3年前。なんだか遠い昔のことのように思いますが
今でもあのときのミキの目や泣き声は頭の中に残っています。



あれから3年・・・


[ 2012/03/12 19:55 ] ママのひとりごと | TB(0) | CM(4)

まだです。

すでに妊娠38週。もう赤ちゃんは3100gあるそうで

『いつでも生まれてこ~~い』って感じなのですが
まだ生まれてきません

今日、検診だったのですが、先生から

『もう来週の検診の予約は入れなくていいでしょう』って
言われたそうです。それって1週間後には生まれているってこと?

もうかなり下に下がってきてきて胃が楽になったようで
よく食べて、よく笑っているミキちゃんですがさすがに
ちょっと不安になってきているようです

出産って私もそうだったけど楽しみ半分、不安半分だよね・・


まあ、私には何もできないし、こればかりは自分で頑張ってもらわないと

明日か・・明後日か・・・・



もしかして今夜???

と思いながらブログ書いています




[ 2012/03/06 19:12 ] ママのひとりごと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

陸ママ

Author:陸ママ
静岡県で暮らしています。

陸パパ・陸ママ
ワンコの陸と風と陽




陸(りく)
  2006年10月
  熱海で誕生。
  トイ・プードル ♂
  人が大好き♪




風(ふう)
  2008年5月生まれ。
  2008年7月
  岐阜で保護される。
  2008年10月
  我が家の家族となる
  マルプー ♀
  かわいいけど気が強い






陽(ひな)
  たぶん2007年生まれ
  千葉で飼育放棄
保護され大阪へ
  2010年8月
  我が家の家族となる
  マルプー メス
  スリング大好き!
  2016年8月7日 
   天国へ
 




パパ:大阪人。
   昔はバス釣りに燃えていた。
   今はワンコと散歩が
   唯一の運動。




ママ:もっと田舎へ
   移住が夢





その他の登場人物

ミキ: 
大切な我が家の一人娘


しーさん: ミキの子供
       孫1号


かーこさん:ミキの子供
       孫2号




 

最新トラックバック
いつでも里親 募集中
いつでも里親募集中
最後のラブレター
最後のラブレター
虹の橋
虹の橋
笑顔を見せて
笑顔を見せて