2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03










まさか




今日は陸の病院の日。
1ヶ月に1回の血液検査。


今回は風ちゃんも一緒に行きました。
11月の健康診断で初期の弁膜症だと診断されて
今日はその後、変わっていないかの検査。







風ちゃんはエコー検査。
結果は悪くなっている様子もなく、
このまま薬を飲むことなく過ごせることに。

今後は半年に1回の検査でいいそうです。
良かったー!




さて、陸ですが



いつもの血液検査。
今回の血液内のアルブミンの値


2.5


1ヶ月前が 2.6



療法食を変えてから先生が言っていたような
劇的な成果はないものの、基準値内で落ち着いていてくれている。


本当に毎回ドキドキだーーー



すると先生から

『陸さん、数値が落ち着いています。
 ここで提案なのですがステロイドを減らしてみませんか』


と、サプライズな発言!





『低アルブミン血症』
血液内のアルブミンが減ってしまう病気。

それを発症してしまう要因の
『蛋白漏出性腸疾患』



ググるとわかるけどどこでも『怖い病気です』って
説明されていて、陸が発症したときも先生から


『予後不良因子です』って説明されました。





これを聞いて頭真っ白になって何回も何回も泣いたなー






いきなり入院となり輸血も2回やったし
本当にどうなるのか、不安で不安で・・・





でも、陸は今、元気です

20170126_112930.jpg 






発症して丸3年経ち、
たしかに療法食しか食べられないし
オヤツだって他のワンコのように
食べることはできない。


それでも・・・


これからも治らない病気だから
なんとか病気とうまく付き合えたらいいなと
思いながらやってきた。




ただ、だんだん悪くなってしまうだろうから
この病気に一番効くと言われているステロイドは
増えることはあっても減ることはないと
なんとなく思ってた。







それが先生から


『減らしてみましょう』




まさか!


まさか!!



本当に??





今まで2日に1回飲んでいた量のステロイドを
3日に1回にしてみましょう。とのこと。



ただ、この量で1ヶ月後の検査では
心配なので次の検査は2週間後で。と言われました。





ステロイドが効くとわかっていても
やっぱり肝臓のへのダメージはあるだろうし
3ヶ月に1回、肝臓を含め全身の詳しい検査をしているものの
やっぱり長く飲んでいると心配になる。


これからのことを考えても
減らせるものをなら減らしたい。




2週間後、もしかしたら検査結果があまりよくなくて
『やっぱり2日に1回にしましょう』って言われるかもしれない。


それでも『減らしてみましょう』って
提案されたことが本当に嬉しい♪



3年経ってもこんなことあってあるんだよ。
同じ病気のワンコのご家族の方、


一緒に頑張りましょう!!








次の検査はもっともっとドキドキだ~~














オマケ




我が家から車で5分ほどのところにある、
東名高速のSAに観覧車を建築中



20170126_112713.jpg 






富士山の日(2月23日)から動くらしい。




ライトアップもするらしくて
今は試運転中で毎晩いろんな色に輝いている
観覧車が見えてとてもキレイ




スケルトンのゴンドラも1つあったり、
ワンコを一緒に乗れるものも1つあるらしいよ。

















スポンサーサイト
[ 2017/01/26 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

おねがい!!



先週の木曜日陸の定期検診の日。


1ヶ月毎に血液検査して血液内のアルブミンの値を確認。

陸のもう1つの病気の
気管虚脱って咳がひどく出るとか症状がわかりやすいけど
『低アルブミン血症』って見た目ではわからない。


毎回、検査でドキドキ・・・・



ここ数ヶ月、アルブミンの値が下限ギリギリで
それでもなんとか正常値内に入っているから先生も
様子見ましょうってことだったけど





この病気になってもうすぐ丸3年になる。










この病気にはステロイドがかなり効果的に効くらしくて
陸もかなり少ない量だけどステロイドと免疫抑制剤を
ずっと飲んでいる。




20161214_144352.jpg 







薬をずっと飲んでいると体はそれに慣れてしまうらしい。





先生から

『そろそろ次の段階を考える時期かもしれません』


と言われました。




たぶん、ステロイドの量を増やしてしまえば
一番早く効いてアルブミンの値も上がるけど
それだと長く考えた時、肝臓などに負担がかかる。



それは避けたい・・・



それならば!!!



というわけで先生からの提案は


『食事を変えてみませんか?』とのこと。





今までは

これを食べていた。
20161215_121631.jpg 




腸がアレルギーを起こして炎症してしまって
炎症性腸炎となり、低アルブミン血症を起こす病気なので
それを防ぐためにこれを食べてた。





先生の受け持ちのワンコで陸と同じような症状の子がいて
食事を変えたら劇的にアルブミンの値が上がったらしい。


他に同じような事例がいくつか報告されているみたいで
先生から


『陸さんもやってみる価値はあると思います』と言われた。



そうだよね。

もしも、食事を変えただけでアルブミンの値が上がってくれるなら
それが一番陸には負担にならない。




そこで勧められたのはこちら


20161215_122403.jpg 










正直言うとさ~~~



年末年始になるとネットのショップも休みになるから
早めに買っちゃおうと思って以前のフードを3kg。
買ったばかりだったんだよね 



先生も『フード、まだかなり余っていますか?』と
親切に聞いてくださったけどもうこれは仕方ない。




陸の為だ。





まだ封を開けていないし、ワンコの保護活動されているところで
欲しいと提示があったら送ろうと思う。





新しいフードになってアルブミンの値が上がってくれたらいいな



もしもこれでも上がらないようだったら
そのときは薬の量を考えたりするらしいけど
でも・・でも・・・



お願い!と心底願うばかり。




幸い食いしん坊の陸はフードが変わっても
全然気にすることなく食べてくれている。



2週間後に血液検査してアルブミンの値をチェックします。






[ 2016/12/19 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

温湿度計


陽の四十九日に植えた、ウンベラータ。

どうかな~と思っていたけど順調に
根付いてくれたらしい。




新しい葉っぱが出てきた!
20161024_134521.jpg 







20161024_134529.jpg 







このまま順調に育ってもっと天井まで伸びて欲しい。









土曜日は陸と風ちゃん、トリミングデーでした。




いつもの通りってことでお願いして
3時間後、帰ってきた陸さん。





20161022_144156.jpg 




子犬のときは毛の色はレッドだったのに
今ではこんなに白くなってきた。


もう10歳か~~ とつくづく感じる。




20161022_144115.jpg 






ソフトモヒカンと耳は小さく丸くは健在。





でも・・・



気が付きました?








背中のハートがな~~い

20161022_144015.jpg 







気管虚脱で咳が出やすいからハーネスを使うことにしてから
散歩してても背中のハートがほとんどわからなくなった。


それに陸もトリミングの時間が大変になってくるだろうし
できるだけ早く終わらせてあげたい。



もうハートがなくてもいいんじゃない。
って私の判断で今月からハートなしに。


20161022_144032.jpg 







写真を写そうとすると逃げるので写真はないのですが
風ちゃんもキレイにトリミングしてもらいました。



トリマーさん、いつもありがとうございます。








昨夜、午前2時半頃に陸がひどい咳をして起きた。

ビックリして私も起きてすぐに咳止めシロップを与える。
そして温かい布団の中に入れたら咳は治まった。


このところ暑かったり寒かったりして天候不順なのと
乾燥し始めたので陸の咳がひどい。


興奮すると出てしまう咳はまだ理由がわかるから
大人しくさせれば治まるけど何でもないときが怖い。



やっぱり湿度がかなり重要みたいで
天気が良くてカラっとしているときって私たちには
『気持ちいいね~』って天候なんだけど
気管虚脱の陸は湿気が少なくて咳が出る。



だから天気が良くてちょっと室内が暑い日でも
加湿ができるように超音波の加湿器を購入。



それといつでも室内の温度と湿度がわかるように
『温湿度計』を西松屋で購入してきた。


20161024_134504.jpg 





ミキが赤ちゃんのときに買ったものも
20年くらい家にあったけどさすがにいらないだろうと
捨てちゃったんだよね。


まさかワンコの為に買うなんて思わなかったなー



陸がいつも寝ている場所の上に設置。
これを見ながら温度と湿度を管理しようと思う。




夫はデジタルの温湿度計を提案したけど
私はアナログ派。



腕時計もアナログがいいし~~~



だってアナログの方が長持ちしそうじゃん。




昭和生まれの私もかなりアナログ。
長持ちしまっせ~~







[ 2016/10/24 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

陸の通院



今日は陸の通院の日。


このところ調子がいいので1ヶ月に1回の通院でOK



病院に行くと待っている間、陽のことを思い出してしまう。
通ったもんな~ 毎日通ったこともあったし
1週間に1度は必ず通っていた病院。







陸はいつもの血液検査。



結果はーー




アルブミン 2.6




素晴らしい~~ぃ





この夏、2.3や2.4という正常値ギリギリのところで
これ以上下がってしまったらステロイドの量が増えちゃうかなと
思っていた時だったから本当に嬉しい。




やっぱり夏は体調悪くなっちゃうよね。





DSC07931.jpg 






気管虚脱は相変わらずで最近は朝晩がかなり涼しくなって
夜中3時過ぎ頃、涼しすぎてか必ず咳が出ます。


咳止めシロップを飲めば大丈夫だからすぐに与えるようにしてる。


早く本格的な秋になって欲しいけど
残暑が厳しいみたいで・・



去年の秋には『咳が出るようになってきました』って相談して

『じゃあ、咳止めシロップを試してみますか』って言われて
お守りに1本処方してもらったのに1年経ち今や手放せない。



体に負担にはならないそうなので安心だけど
今後もこの症状にもうまく付き合わないといけないんだな~



目のマイボーム腺腫も大きくなることもなく
角膜を傷つけることもなくいい感じでいてくれるから
このまま様子をみることに。





















最近、エアコンの調子が悪くて変な音まで鳴るようになって

一度掃除してみようと簡単だけど夫がフィルターとか
洗ったりカバーを掃除したりした。



するとだよ!!!




エアコンからの冷風がすっごく出るようになって
ビックリ!



もう夏も終わりだっていうのに
エアコンが効き過ぎるくらいになった。


お掃除は大事ねー メンテナンスは大事ねー





陸も風もっと快適に過ごせるはずだったのに
エアコン、効きが悪くてごめんね。





週末はしっかりエアコンの大掃除しようと
夫が張り切っているのでお任せ~~










[ 2016/09/02 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(0)

陸の心配ごと




陽がいた頃にはあんなに暑かった毎日が
いなくなってから急に涼しくなってきて
もう秋かな・・って感じ。



庭で採れていたブルーベリーも暑い時には
一日で小さなボール、いっぱいに採れたのに
もう1つ、2つしか採れなくなり

アホみたいに伸びていた庭の雑草や芝も
ほとんど伸びなくなり


セミの声もツクツクボウシに変わってきました。








陸の低アルブミン血症はアルブミンの値も
落ち着いていて特別変わったこともなく
1ヶ月に1回の定期的な検査で薬を飲みながら
うまく病気と付き合っています。




それよりも気管虚脱の方が大変で
今、台風が静岡には近づいていてそのせいか
今日も咳がひどく出る。



このところ1日2回は咳止めシロップのお世話になっていて
そうでないとちょっとオモチャで遊んだだけで
苦しそうに咳をしている陸です。



根本的な治療法ではないからこうして咳止めシロップを
使いながら上手に生活していくしかないのねー




そんな陸さん。



次はこんなことが・・・・






ある日、目の下に出来物ができてあれよあれと
大きくなってきたーーーー





こんな感じ


20160809_231447.jpg 








『マイボーム腺腫』っていうものらしい。






マイボーム腺炎っていうものがあって
人間で言う『ものもらい』と同じらしいです。



涙腺が詰まって炎症を起こしてしまう。



で マイボーム腺腫っていうのは
そのマイボーム腺炎が腫瘍化したものみたいです。



腫瘍っていうと怖い感じがしますが決して悪いものではなくて
高齢犬になるとよくみられるものらしくて
イボ状になってしまうものなんだって。



背中にもできたりするらしいです。





確かに・・・風ちゃん。そんなのがあります。





これが、まぶたの内側にできてしまうと
角膜を傷つけたり犬が気にして前足でガリガリと
そこを触ってしまうと目を傷つけて失明ってこともあるって。




だから取ってしまう手術をするのが一般的なんだそうです。
すごく簡単なもので30分もかからないものらしい。




背中なんかにできたものは局所麻酔ですぐに終わるらしいけど
問題は今回は目。





手術となると全身麻酔になるそうです。





先生から


『健康なワンコなら手術を勧めますが
 陸さんは低アルブミン血症があって、気管虚脱もある。
 麻酔のリスクとマイボーム腺腫があることを天秤にかけることになります』




という説明を受けました。



そんな・・・・





幸い、陸のマイボーム腺腫はまぶたの外側にある。


20160809_231336.jpg 







陸も鈍感な子なので気にしている様子はない。






だったらこのままでもいいじゃん。




何も危険な麻酔をしてまで取ることない。




『先生、陽を失ったばかりでここで陸まで・・なんて
 とても耐えられません。いいです。このままで。』




と、なんせ陽のことを話したばかりだったので
鼻水垂らして大泣きしながら先生に告げました。






先生も手術するのはリスクが大きすぎると
思っていたらしくてすぐに承諾してくださいました。






今後、大きくなりますか?と聞いたら
大きくなることもあるし、小さくなることもあるし
このままってこともあるし。だそうです。





とりあえず、今はこれ以上大きくならないように薬を飲んでいて
私は小さくなってくれることを毎日念じています。



『小さくなれ~~ 小さくなれ~~』って。






心配事が尽きない陸さんですわ。









この10月で10歳だもんねー
どっぷりシニアの陸さんです。
















オマケ


市に陽のことを手続きをするために
愛犬手帳を出しました。



そこには可愛い陽の写真。



20160809_173731.jpg 








モコモコの陽も可愛かったな~











[ 2016/08/15 ] 陸の病気 | TB(-) | CM(2)